トップ企業が行っている社員教育から学ぼう

>

時代による企業の変化と社員教育の重要性

レベルアップに繋がる教育の重要性

まず、社員教育がなぜ会社にとって必要なのかを考えましょう。社員教育は様々な意味合いがあります。新入社員に対しては、企業人としてのビジネスマナーを学び、一社会人としての一般常識を身に着けることを目的としているケースが非常に多いです。学生との違いを学ぶことで、組織人としての意識をしっかり持つ必要があるからです。
中途採用者に対しては、これまでの経験を活かしつつ、会社の一員としての意識付けをしてもらう為に行います。一般社員には個々のスキルアップや生産性の向上を目的としていることが多いです。
このように、社員の立場によって必要な社員教育が違います。しかしそれが結果的に会社全体のレベルアップの為に必要になってくるのです。

代表的な社員教育とその目的の紹介

社員教育の目的は企業によって異なりますが、根本的な部分は似ていることが多いです。代表的な社員教育とその目的をご紹介します。
(1)ビジネスマナー教育
一社会人としての最低限の知識を身に着けることで、社会人としての意識を持たせる。
(2)資格取得
資格取得することにより、個々のスキルアップと生産性の向上を目指す。
(3)情報リテラシー教育
セキュリティ管理の重要性を考えることで、情報漏洩などの人的なトラブルを防ぐ。
(4)外部セミナー受講
外部でのセミナーを受講することによって、新しいスキルを身に着けるだけでなく、様々な立場や年齢の受講者との触れ合いによって意識の向上を目指す。
(5)e-learning受講
場所や時間を問わず、受講者のペースでスキルアップを行う。他の教育の補助的な役割を持つ。


この記事をシェアする
TOPへ戻る