トップ企業が行っている社員教育から学ぼう

>

社員一人一人の立場に合った社員教育を考える

階層別研修で幹部候補者の認識を合わせる

社員の立場によって持っている課題は大きく異なります。その為、重要となってくるのが「階層別研修」です。この研修は多くのトップ企業で幹部候補者向けに実施されている社員教育の一つです。そもそも「階層研修」とは、役員、中間管理職、一般社員など、立場や役割に合わせた課題を取り組むことで、各階層のスキルアップを目指す研修スタイルです。
これにより、同じ階層の立場の人間の意識を横一列で統一することが可能になります。内部統制や業務品質などの向上が期待できる反面、役割が不明確な立場だったり、階層によっては目的意識が曖昧になりがちなので注意が必要です。また、立場が上になればなるほどスケジュール調整が難しくなることも注意が必要になってきます。

自己啓発や資格取得支援を行う

自己啓発や資格取得を支援する企業が増えています。支援の内容として、自己啓発セミナー代の負担や資料の購入費用の援助、業務に関連する資格を取ることで、給料にプラスして資格給などの手当てが付いたりします。こういったことから個人のモチベーションのアップにつながり、会社としても一人当たりの生産性の向上につながります。こういった支援は業績向上に良い影響を与える可能性が高いです。
特に資格取得は非常にわかりやすいステータスであり、専門性もでてくることから顧客対応などで信頼性を高めます。また、人事査定の判断材料としての利用もしやすいです。また、人材募集の際も自己啓発、資格取得支援というキャッチフレーズを使用できるので良い人材に出会えるチャンスが増します。


この記事をシェアする
TOPへ戻る