トップ企業が行っている社員教育から学ぼう

>

グローバル人材を確保しよう

グローバル研修で視野を広げよう

日本は少子化により人口が減少しており、国内市場が減少し始めています。その為、海外に目を向ける必要性が高まってきました。その為、グローバルな人材を育てるための研修として、「グローバル研修」を行う企業が増えました。
「グローバル研修」とは語学や文化を超えてグローバルな観点でビジネスができるようにする研修を意味しています。「グローバル研修」を実施している企業は今やリーダーシップ研修などを超える勢いがあり、ビジネスに必要な語学力を育てるだけでなく、様々な異文化交流を通して異文化対応力を身に着けます。
実際にトップ企業では、若手社員を海外支店に派遣し、海外のビジネススクールで国際的なビジネスを学ぶといった「グローバル研修」を行っています。

会社に合った社員研修を組み合わせよう

いかがでしたでしょうか。トップ企業は社員教育に投資を惜しまない傾向にあります。社員研修によって身に着いたスキルは実践する環境があれば会社の利益になります。その為、会社にあった研修を取り入れることが重要なポイントです。例えば「階層別研修」で、立場に応じた研修を受けた後にe-learningを受講して復習をすることで学習したことを定着させることができます。社員教育を行うことで時代の変化に対応できる社員を育てることができ、会社の風土も現代に適応した形となってくることが可能となってきます。
また、若いうちからしっかりと社員教育を行うことで帰属意識を深め、会社の中核を担う人材を育てることができます。是非、トップ企業が行っている社員研修から自社に合った研修を選んでみてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る